概要

イベント内容が「練習」の場合は、ヾ霑知習→▲僖拭璽麥習→試合形式→ぅ侫蝓璽魁璽箸僚腓嚢圓い泙后
試合形式の時間は全体の1/4以下で、練習がメインの内容となります。
集合時間はなく、お好きな時間に来ていただいて結構です。

イベント時間基礎練習パターン練習試合形式フリー
2時間1時間30分〜50分0分〜30分10分
4時間2時間1時間40分20分

練習内容

基礎練習

各技術の向上を目的とし、ショートラリー、ロングラリー、ボレスト、ロブスマッシュ、サービスリターンを行います。
主催者の気まぐれでメニューが変わる練習会は参加者にとってかなりのストレスになります。全体像を理解してもらうために、基礎練習は毎回同じメニューを同じ時間配分で行います。
同じメニューをこなすことで、自身の進捗状況、課題を把握しやすくなります。毎回メニューを変えていると、練習の本質がわかりづらくなり、メニューをこなすだけの無意味な時間となってしまいます。
レベル差のある者同士のラリーでは、技術のある方がゆっくりとしたボールでラリーをコントロールして、相手のミスを誘発させてください。上級者側が当てて返すだけのラリーは無意味に長引くだけなのでおやめください。

パターン練習

技術の使い方を練習していきます。
試合における頻出パターンを系統立てて反復することで、基礎練習で高めた技術を試合で使える形にします。

休憩

主催者主導の練習内容では参加者の課題を解決できないことが多々あります。
練習の区切りに5分程度の休憩を取り、フリーコートとしています。

どこのサークルに行っても主催者主導のメニューが次から次へと提示され、コートを自由に使う時間がありません。そのようなことにならないように、適切なフリーコートタイムを設けています。